アクティビティ

周年行事を訪ねて 20周年ではブロンズ像「競う」を建立(北条スポーツセンター前に)
PR委員長 矢野 武司

 北条ライオンズクラブでは1982年10月に20周年記念事業として、ブロンズ像「競う」を北条市大浦青少年スポーツセンター本館前に建立いたしました。
 製作は芸術家の高須賀桂氏が担当し立派なブロンズ像が完成いたしました。記念事業として200万円余りが支出されております。
 この像はスポーツセンター本館入口の道路沿いにあり、利用者の殆どが目に触れ感動を受ける状況にあります。
建立から30年を経過いたしますが、スポーツセンターの職員の皆さんが適切な管理を行って下さっており、今でも環境の良い状況で見る人に好感を与えております。
ブロンズ像は写真に写っている通り保存状況は大変良いと言えます。
 尚、20周年記念式典は1982年5月に北条市民会館で行われ、愛媛県下の23ライオンズクラブの代表を含め出席者の総数は115名となりました。
 祝宴は場所を鹿島の「太田屋」に移して盛大に行われました。そしてブロンズ像の除幕式は1982年10月に記念例会として行われました。
 5月式典時の会長は猪野字朗、会員48名
 10月記念例会時の会長は梶原角光、会員50名
  @copyright (c) 2002 HOUJO LIONS CLUB All rights Reserved-Privacy Policy